高齢者の生きてきた歴史に思いをはせよう

人生とは一冊のアルバムみたいなもの
よくそんな風にも例えられます。
それは「一瞬一瞬の時間の切り取り」がそのアルバムに詰まっているからかもしれません。
そこにはその人だけの生きざまあり、それが誇りや自信となって凝縮されています。
その人だけが経験してきたことが、お年寄りのなによりの心の支えとなっているのです。

当然ながらお年寄りの現在の背活習慣や態度や価値観や考え方
すべて自らが体験し、潜り抜けてきた時代背景が投影されています。
おじいちゃんおばあちゃんがどんな春時代を過ごし、どういう顔z区間・老人増を持っているのか?
それはその人自身が今まで生きてきた経緯で大きくくぁります。

ですからその高齢者をより理解するにはその人の歴史に思いをはせてみることは大切なのです。

どうしてそんな考え方をするのか?
どうしてそんな態度をとるのか?
それはその人の歴史がそうさせているからかもしれません。

そのおじいちゃんおばあちゃんの今までの人生の歴史を尊重しつつ、ごく普通にせしていただきたいものです。
ただの頑固ジジイ、意地悪ばあさんだと単純に片づけないで欲しいのです。

そしてたとえおじいちゃんやおばあちゃんなどの高齢者に介護が必要になってもその尊厳を尊重してあげるべきです。
決して介護が必要になった高齢者をじゃぇっも扱わないでください。
例えば介護が必要になった高齢者にタメ口や赤ちゃん言葉で接してはいけません。
今まで尊敬されてきた子供や孫にそんな言葉遣いをされては自分にはもはや生きる価値がないと思うものなのです。
人間はブレ社会で生きる動物です。
そこにはれっきとした順位付けがされていますし、それが社会の秩序でもあります。
長年、親として、お祖父母としてやってきたのに、タメ口や赤ちゃん言葉で接しられると自分の順位が一番下だと感じてしまうのです。
それではおじいちゃんおばあちゃんに生きる元気を奪ってしまうのと同じです。

おじいちゃんやおばあちゃんの今までの人生の歴史や時代背景に思いをはせて、その家で高齢のおじいちゃんおばあちゃんと接してみるようにsでぃてみてください。
また違う一面が見えてきますから。
高齢者 歩けなくなったら

散歩する時にやたら引っ張る、うんち・おしっこがうまくいかない

うちの犬は、散歩するときにぐいぐいリードを引っ張って散歩してしまいます。

元々野良犬同然の犬で、成犬になってだいぶ経ってから飼い犬になったので全くしつけが行き届かないのです。

中型犬なのでまあまあ力も強く、こちらが引っ張られてしまうので散歩はとても体力を使います。

リードは絶対に離さないようにがっちり握って、自分の手首にしっかり巻いています。

他の犬が散歩中にうちの犬に吠えたりすると、隠れるために反対方向にリードが行ってしまうのでまた大変です。

今では散歩時間やコースを変えたりして、できるだけ吠える他の犬と遭遇しないようにはしていますが、普通に自分の行きたい方向にぐいぐい引っ張って行ってなかなか家に帰れません。

散歩が長くなってしまうので余裕のある家族が散歩にいくのですが、私は体重も軽いしまだ舐められているのでぐいぐいされてしまうのです。

子供(小学生)にリードを持ちたいという時もありますが、持たせた瞬間にぐいぐいが止まらず子供がリードを離しそうになるので私が一緒に持って犬が逃走するのを食い止めています。

よくテレビで飼い犬のしつけについてやっていたりするのを見て参考に色々やってみたところ、引っ張りが多少ましになってきたような気もします。

でも、相変わらず散歩となるとぐいぐいが始まって、散歩が長くなるのです。

そして、家の中の決まったところ以外ででうんち・おしっこをさせたくないので、できるだけ散歩中にうんち・おしっこをさせたいのですがなかなかそうもいかず、家の中のペットシートも敷いていないようなでうんち・おしっこしてしまうこともあります。

その辺りも後始末が大変で、なんとかしつけを行き届かせたいなと思うのです。

長い散歩のおかげでマシにはなってますが、外でうちの犬がうんちした時に始末しようとしている最中でもリードを引っ張って先に行こうとしてしまうので、散歩はできるだけ大人2人いる時にするようにしてうんちを始末する人とリードを持つ人とを分担して今の所は脱走を防止しています。

 イヌバーシティ 料金

正しい糖質制限ダイエットを理解しましょう

糖質制限ダイエットを行ったことがありますでしょうか?糖質制限ダイエットは有用とよく聞きますが、間違ったやり方を行っていてはよりよい効果が見込めません。

糖質制限ではなく、そもそものダイエットの定義とは何かについてですが、食べ物や飲み物から摂るカロリーを摂取カロリーと言います。1日の生活で使用するカロリーをは消費カロリーと言います。ダイエットで大事なのは、摂取カロリー < 消費カロリーの状態にすることで、体脂肪燃焼されて体脂肪が減らすことです。

その上で、三大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)のバランスを考えて食事管理をすると、筋肉を維持したまま体脂肪でのみを減少させる正しいダイエットができます。

糖質は栄養素の中でも手軽に摂れてしまうものなので、過剰に摂取してしまいがち肥満の原因にもなりやすい栄養素です。そのため、糖質制限ダイエットはバランスを考えることで、ダイエットにつながるというメカニズムです。

筋肉や骨などをつくるタンパク質は最も重要な栄養素といえます。カロリーも比較的低いのでタンパク質は太りにくい栄養素でもあります。脂質は体脂肪燃焼を促す成長ホルモンやテストステロンの材用となるので、脂質極端に制限はせずバランス良い摂取を意識しましょう。理想としてはタンパク質:脂質:糖質=3:6:1が良いでしょう。タンパク質の割合は少し増やして摂取しても問題はないでしょう。

糖質を抜いて肝グリコーゲン(肝臓に蓄えられた糖質)が少なくなると、エネルギーを生成するために常に体脂肪が燃焼されやすい状態になります。そのため運動時だけでなく日常生活での活動でも常に体脂肪が燃焼されるので、糖質制限が有効的なのです。

糖質制限ダイエットは主食を制限するだけなので、手軽に実施できるメリットがある一方で、長期的に行う糖質制限は筋肉量の低下、代謝の低下などがあり、糖質摂取を行った場合にリバウンドしてしまうリスクが上がります。

雲のやすらぎの販売店はどこ!?

フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』に魅せられて

ヨハネス・フェルメールは、17世紀の中盤に活躍したネーデルラント連邦共和国(現在のベルギーやオランダ)の画家で、日本でも大人気。

現存する作品はわずか30数点と少なめながら、とくに「真珠の耳飾りの少女」は、映画の題材にもなるほど有名な作品。

「真珠の耳飾りの少女」は、「青いターバンの少女」という別名を持ち、この色鮮やかな青い色は、「フェルメールブルー」と呼ばれているカラーです。

フェルメールの作品にたびたび登場する目の覚めるような美しいブルーですね。この青はラピスラズリ由来のカラーで、当時は大変貴重なもの。

フェルメールはこの絵の具を買うため生涯貧乏で、最後は破産したという説話が残っています。

「青いターバンの少女」は、普段はオランダにあるマウリッツハイス美術館にあるのですが、日本の美術館展に貸し出されていたこともあり、あまりの美しさに絶句し、3度ほど順路を逆走して彼女のもとに戻った記憶があります。

この作品は、ほのかにピンクに色づいたつややかな唇と、優しく鈍く光る真珠の耳飾り。

微笑んでいるかのような口元は、今にも何かを語りかけてくれそうです。やはり、この作品は、「北のモナ・リザ」や「オランダのモナ・リザ」と呼ばれているようです。

レオナルドダヴィンチのモナ・リザは神秘的で近寄りがたく、フェルメールの真珠の首飾りの少女は、親しみやすく可愛らしい印象です。

けれども「真珠の首飾りの少女」のモデルはフェルメールの娘ではないかという説がある一方、グイド・レーニの作品、「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」へのオマージュであるという説もあります。

ベアトリーチェ・チェンチといえば、彼女に性的な虐待をしていた実父を殺害した罪で斬首された悲劇の美少女。

現在ならば情状酌量の余地が十分ありそうです。

ベアトリーチェ・チェンチの肖像」の方はどこか悲しげで物憂げな表情を浮かべており、屈託のない微笑みを称えた「真珠の首飾りの少女」とはおそらく別人であるような気がします。

オススメサイト↓

ささみりん サロン

救急車で運ばれるほどのひどい生理痛の正体は?

酷い生理痛を持っている人のなかには
生理開始初日には包丁でおなかを刺されているみたい
と訴える方もいます。
そんなひどい生理痛の女性は、鎮痛剤を普通の量の倍近くも飲んで頭がフラフラ出目の商店も会わなくなったことがあるそうです。
特にひどい生理痛の時にはまともに立ってもいられず、会社の蚊帳が驚いて救急車で読んで病院に運ばれるたこともあるそうです。

特に女性の身体はとてもデリケートです。
今は男性並みに超ハードな激務をこなす女性も少なくないのですが、そんな女子絵を悩ませている尾がひどい生理痛なのです。
無理がたたると女性の身体は悲鳴を上げて生理痛という形で危険シグナルを送ってくるのです。

生理通とホルモンバランス

生理の前に、イライラして情緒不安定になったり、頭痛やむくみが出たり、腰痛や吐き気がする女性も少なくありません。
こういった月経トラブルで若い女性の場合には、ホルモンバランスの崩れや精神的ストレスで悪化数rことが多いようです。
このホルモンバランスの崩れと冷えはお互いに大きく影響し合っているといわれています。

体温調整もホルモン調節も脳の視床下部の働き

身体にホルモンの分泌をするのは様々な機能がつかさどっています。

これをコントロールするのは脳の視床下部と呼ばれるところです。
この視床下部は自律神経の総司令塔的役割をしています。
自律神経はまた体温を調整する働きもしているのです。

子宮内膜症と女性ホルモンの関係
多くの女性を悩ませる子宮内膜症とは、子宮の内膜と似た組織が、子宮の周辺や卵巣など本来あるべき場所以外のところにできる病気です。
内膜と同じようにじょせいほるおんのえいきょうによりdきてしまい月経と同じような出血を起こします。
まだ詳しくは解明されてはいませんが、
子宮の内膜が直接、筋肉に入り込む説
お腹の膜が子宮内膜に変化してしまう説
などがあります。
女性ホルモンの作用を受けて増殖し、病状が進行してしまうので、子宮内膜症の人は特に「冷え」には注意しなければなりません。
よもぎ蒸し 自宅 デメリット