上司や先輩に仕事のわからない点を聞くには礼儀がある

あなたは出世したいですか?
と聞かれれば多く尾方が
「そこまでして出世なんてしたくはない」
と答えるでしょう。
しかし
あなやは仕事を楽しくやりたいですか?
と質問されたらポオポクの方が
「YES]
と答えるでしょう。

もし楽しく仕事がしたいと考えているのなら「素直な聞き上手」にならなければなりません。

これからの企業は存続すら危うく、多くの企業でもリストラは珍しくありません。
そんなリストラの時に真っ先に標的になるのが指示待ち社員です。
言われるまで動かない?
いや
行っても動かない?
損あ社員はしぐにリストラ対象になります。

しかし、そんなs次蛭町社員でも言い訳がありあmす。
それは仕事でわからないことがあっても聞きにくいということです。
「聞くのは恥ずかしい」
「あの人には聞きたくない」
「聞くのは面倒」
しかし、仕事を進めるうえでわからないことが出てくるのはいたって当たり前のいことです。
ですから、わからないことはどんどんn聞かなければならないのです。
なぜなら、わからないことを自分で糧に自己判断してマ日その仕事に支障が出たら会社んビ大きな損害を与えかねないからです。
会社に損害を与えないまでも、チームワークがうまく回らず、まわりに大きな迷惑を与えてしまうのです。

ですのでm、わからないことはどんどん市うt門しなければならないのです。

ただし質問するのにもやり方や礼儀があります。
それは質問する前にまず自分で調べてみるということです。
当たり前のことですが、これをやらない若い方がどれだけ多いことか・・・
調べたら簡単いわかることなのに、それもせずに質問してくるのは失礼なことなんです。
上司や先輩も自分の仕事で忙しいのです。

それと質問する時に心がけたいのが「素直さ」です。
先輩や上司になんでも質問できる人はみんな素直な人です。
素直な人は上司や先輩から可愛がられます。
だからこそ何でも質問できるのです。
素直な聞き上手にあなたも是非なってください。
そうすれば仕事はもっと楽しくなります。
サイン 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です