レーザーと光、脱毛器はどちらがいい?

一昔前に比べると、家庭用脱毛器の種類も随分増えてきました。
価格は5万円前後から10万円を超えるような高価なものまでピンキリです。
開発や販売をするのは脱毛サロンが主体となっているケースが多く、昨今のサロン離れ対策として家庭用脱毛器の販促を活発に行なっているようにも見受けられます。

脱毛サロンでは、主に光脱毛がよく使われています。
それゆえに、現在市場に多く出回っている家庭用脱毛器は光脱毛方式が多いです。
光脱毛は毛根の黒色に反応して光≠熱を照射することで、発毛細胞にダメージを与えて脱毛を図る方式です。
レーザーに比べると毛根に働きかける熱が弱いので、脱毛を実感するまでに時間がかかりますが、痛みが少ないという大きなメリットがあります。
痛いのが好きだという人はあまりいないはずですので、光脱毛は多くのサロンや家庭用脱毛器に採用されています。

対して、レーザー脱毛は主に美容クリニックなどの医療機関で採用されている方式です。
毛根に熱を与えて毛が生えてこないようにするという大きな仕組みは、光脱毛と似ていますが、その威力が違います。
レーザーのほうが毛根に働きかける熱量が大きいので、早く脱毛を実感できるようになります。
しかし、その見返りとして痛みを伴うので、医療機関では麻酔クリームなどを使用して痛みを緩和するようです。

一般的なドラッグストアでは、麻酔クリームのようなものは販売されていませんので、家庭用脱毛器にはあまり採用されない方式です。
しかし、痛くても我慢するから早く脱毛したい!と思う人に需要があるのでしょう。
レーザー方式の家庭用脱毛器も存在しています。
レーザー脱毛の痛みの目安としては、ゴムをぱっちん!と弾いたような痛さとも比喩されます。
結構な痛さですよね。
でも、もうすぐ夏!プールや海に行きたい!とか、好きな人とお泊りが決まった!とか、早く脱毛したいと思うケースも少なくありません。
急ぎの場合ならレーザー脱毛、秋冬からじっくり脱毛に取り組みたい人には光脱毛がオススメです。
脱毛ラボホームエディション 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です