機械式腕時計の各部名称を知っておけば修理メンテナンスに便利

機械式腕時計の宿命に定期的なオーバーホールがあります。
そこでオーバーホールを行う専門時計店とのやりとりで機械式腕時計の格分の名称を知らないとやり取りがうなくできません。
ぜひ基本的な部分で構わないので知っておいてください。

①ラグ
皮ベルトやブレスレットを固定するための故穴が内側に設置された、ケース上下にある突起部分のこと。
ブレス類はバネ棒と呼ばれる部品によって、その小穴部分胃装着されています。
②リューズ
ゼンマイを手動で巻き上げたり
時刻を合わせたり
などの超営操作を行う主要部分です。
直径1ミリほどの細い棒状の部品をちゅしんい(巻き真)、ゼンマイを巻き上げる歯車や時計の針を調整する歯車が内部で噛み合う構造になっています。

③スモールセコンド
ダイアルの6時の位置にある小さなダイアル式で表示される秒メモリです。

⑤インデックスん
ダイアルに設置された「時刻」を表す数字や記号のことを言いますン。
文字盤上に食事やプリント加工され、夜間やダイバーウォッチでは深海など暗いところでも視認性が良いように夜光塗料が塗られている場合もあります。
海外では「アワーマーカー」と呼ばれることもあります。

⑥ロゴ
ダイアル上に描かれたブランド名やマークのことをいいます。

⑦ベゼル
ケース前面の外周部のことをいいます。
クロノグラフの場合は、タキメーター目盛りが刻まれたり
ダイバーズやGMTウォッチの場合は回転資金瘀ベゼルが上乗せ式に装着されています。

⑦ハント
時刻を指す針のことをいいます。
この針は時計のイメージを決定する重要な部分でもあるので、各社その針の形状にはこだわっています。

・面汁型
・バー型
・アロー型
・ブレゲ型
・リーフ型
・メルセデス型

このように腕時計の専門用語はなかなかわかりにくいものも多いですが、機械式時計ユーザーなら最低限の主要のパーツの名前だけでも知っておきましょう。
これさえしっておけば、カタログを読んだときやオーバーホール委や修理の際にとても役に立ちます。

形見 時計 使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です