トイレ介助のポイントを知っておこう!少しでも楽をするために

介護が必要になってきた高齢者がトイレでよく失敗することはよくあるおとです。
そんな場合は「トイレ介助」といって誰かが手助けしなければなりません。
しかし、そこで気を付けてょしいのが
「自分で出来る動作は、できるだけ本人にやってもらう」
ということです。
あまり先回りして手伝いすぎると高齢者にとって自立心が低下し、なんでもお任せということになりかねません。
それがかえって介護の負担を大きくしてしまいます。
まずはトイレ介助のポイントをおさらいしましょう。
①寝たきりの高齢者はゆっくりと起こす
家で寝たきりの状態の高齢者は気を付けなければなりません。
それは急に起こしてしまうとめまいやふらついたりすることも考えられるからです。
ゆっくりと起き上がらせましょう。

②トイレ誘導は余裕をもって
トイレを我慢していてギリギリの状態になってからでは、トイレに向かう途中で間に合わず失禁してしまいがちです。
トイレ誘導は早めに合図して行う習慣をつけましょう。
高齢者は尿意や便意を感じにくいこともあります。
「いまはしたくない」と答えてても時間的な間隔も好悪慮して定期的にトイレに誘導することもいいでしょう。

③トイレ介助のサインを見逃さない
高齢者にとってトイレ介助を頼むことを恥ずかしいと感じる方もいます。
ですから、なかなかトイレ湯堂のタイミング側jからないこともありあmす。
高齢者が言葉でいってくれないのなら、介護者が便意や尿意を催した時の身振りや仕草などを見逃さないように気を付けましょう。

④ポータブルトイレなどを臨機応変い使う
自分で用を足す気持ちを保つ!
これがトイレ介助の最も重要なポイントです。
夜間などは介助者がまわりにいないこともあります・
また高齢者の具合が悪くてトイレまで連れて行けないこともあります。
そんなばあいは、ポータブルトイレの利用も臨機応変い考えましょう。
いったんおむつをしてしまうと、なかなか自分でトイレをしなくなることもあります。

⑤お年寄りの動作は鈍いもの
いざトイレ介助しようとしても、おとしよりの動作の遅さについイライラしてしまいがちです。
それは高齢者自身が敏感に感じ取ってしまいます。
それがトイレの合図を出してくれない下人にもなりかねません。
お年寄りの動作はのろくて遅いもの
そんな認識を持ってトイレ介助に当たりましょう。
介護ソフト 料金 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です