耳のトレーニング|都会の雑踏の中で「聞こえ」を研ぎ澄ます

なにかしらの音で溢れかえっている都会の雑踏の中でこそ「耳のトレーニング」を心がけましょう。
例えば通勤時間の駅構内の惣村の中でも耳を研ぎお済ませるのです。
耳と研ぎ澄ませばいろいろな音がしているのがわかりあmす。
普段は気づかなかった音に気付くようになれば大したものです。
四方八方から押し寄せてくる音jン所浪
毎日のことだからもう慣れてしまっていてなにも気にしないことでしょう。
しかし、この層女中では耳はとんでもない苦行を強いられているのです。
だからkじょそ、この雑踏の中でできる「聞こえ」のトレー^ニングを日頃から行うのです。

駅の構内ではアナウンスが流れます。
「まもなく◎番線ホームに▲▲行きの快速急行列車が通過します」
「次の停車駅は◎◎~。□□線へのお乗り換えは~」
といった毎日聞いているアナウンス。
しっかりききとれていますか?
せっかっくの校内放送もまわりが騒がしくてはなかなかうまく聞き取りにくいものです。
これを意識的に聞き取るようにするのdふぇす。
これだけでも耳のトレーニングになります。
これまはっきりtと聞き取れなかったのは最初から「聞こう」というかんかくがなかったからかもしれません、」
】騒々しい音hが満ち溢れている都会の雑踏の中では、脳の聴覚野が麻痺してしまって間mン新すら失い、無視しようとする傾向があるのです。
しかし「機構」と本気で思えば脳もhじゃ多良木始めます。
すると不思議なことに今まで聞こえてこなかった音ですら聞こえるようになるのです。
少しずつでもこの訓練を続ければ、次第に様々な音も聞き取れるようになります。
超満員電車の中でさえも、つり革につかまり立ったままの状態ではスマホも操作できませんし、新聞も読めません。
でも、耳は使えます。
そんなすきま時間を使って、まわりの音に関心をもっと持ってください。
そうるれば耳の勘かっくがどんどん研ぎ澄まされていって
聞こえる耳
聞き取りやすい耳
になっていきます。
ミライスピーカー 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です