「キャンセル」のお客でも笑顔で対応すれば次うにつながる

「あのぉ、予約した◎◎ですけど、キャンセルします」
「今回ンも購入は見送ります」
「ちょっとお金がないので今は買うのはやめます」

一生懸命に集めた見込む客
やっとのことで来店や成約寸前までこぎつけたのに突然キャンセルされると凹みますよね。
こんな時にも
露骨にムッとした表情を顔に出したり
声色を変えたり
態度が急変したり
横柄な言葉遣いになったり
してはいけません。

「こっちも困るんですよねぇ~」
と嫌味を言ったり
思わず「チッ!」と舌打ちをしたり
このあたりのまわりのスタッフにきちんとしておかなければなりません。

そんな手のひらを返した容易な態度をとられお客様はもう二度とあなたのお店や商品を利用しないですし、アンチファンとなってあなたの商品やお店の悪口をまわりに吹聴して回るからです。

少なくとも成約や来店寸前にまでいったお客様はあなたのお店や商品に強い興味があったことは紛れもない事実なんです。

ですから、たとえキャンセルしてきたお客さまでも理解を示して笑顔で対応しましょう。

「承知いたしました。
 ご心配はいりません。
 次回のご利用を心からお待ちしていおります。」
こんな対応をすれば、再びお店や商品購入につながる可能異性がグッと高くなりあmす。

じつは
キャンセルした後に大きな商談には転する
ことは珍しくないのです。
ですから
「買ってくれてもお客様」
「買ってくれなくてもお客様」
このことを重々頭の中に入れていおいてください。
断りう方ひとつで次の商談のチャンスが生まれるかどうか?
大きな岐路でもあるのです。

特に大きな金額の買い物
例えば車や不動産
なかなか結論が出せずに迷うのも当たり前です。
最終的にキャンセルということは日常茶飯事です。
でも、結局 多くの方は
車を買います
家を買います

人間欲しいと思ったらそれが頭から離れないのです。
ですから、再びお客様が戻ってくることも珍しくないのです。
キャンセルしてきたショックはグッと心の中に秘めて次の来店や成約を期待するほうが賢明なのです。
キャンセルしたお客にいくら文句を言っても仕方のないことですからね。
ピンキッシュボーテ 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です