救急車で運ばれるほどのひどい生理痛の正体は?

酷い生理痛を持っている人のなかには
生理開始初日には包丁でおなかを刺されているみたい
と訴える方もいます。
そんなひどい生理痛の女性は、鎮痛剤を普通の量の倍近くも飲んで頭がフラフラ出目の商店も会わなくなったことがあるそうです。
特にひどい生理痛の時にはまともに立ってもいられず、会社の蚊帳が驚いて救急車で読んで病院に運ばれるたこともあるそうです。

特に女性の身体はとてもデリケートです。
今は男性並みに超ハードな激務をこなす女性も少なくないのですが、そんな女子絵を悩ませている尾がひどい生理痛なのです。
無理がたたると女性の身体は悲鳴を上げて生理痛という形で危険シグナルを送ってくるのです。

生理通とホルモンバランス

生理の前に、イライラして情緒不安定になったり、頭痛やむくみが出たり、腰痛や吐き気がする女性も少なくありません。
こういった月経トラブルで若い女性の場合には、ホルモンバランスの崩れや精神的ストレスで悪化数rことが多いようです。
このホルモンバランスの崩れと冷えはお互いに大きく影響し合っているといわれています。

体温調整もホルモン調節も脳の視床下部の働き

身体にホルモンの分泌をするのは様々な機能がつかさどっています。

これをコントロールするのは脳の視床下部と呼ばれるところです。
この視床下部は自律神経の総司令塔的役割をしています。
自律神経はまた体温を調整する働きもしているのです。

子宮内膜症と女性ホルモンの関係
多くの女性を悩ませる子宮内膜症とは、子宮の内膜と似た組織が、子宮の周辺や卵巣など本来あるべき場所以外のところにできる病気です。
内膜と同じようにじょせいほるおんのえいきょうによりdきてしまい月経と同じような出血を起こします。
まだ詳しくは解明されてはいませんが、
子宮の内膜が直接、筋肉に入り込む説
お腹の膜が子宮内膜に変化してしまう説
などがあります。
女性ホルモンの作用を受けて増殖し、病状が進行してしまうので、子宮内膜症の人は特に「冷え」には注意しなければなりません。
よもぎ蒸し 妊活 自宅

「キャンセル」のお客でも笑顔で対応すれば次うにつながる

「あのぉ、予約した◎◎ですけど、キャンセルします」
「今回ンも購入は見送ります」
「ちょっとお金がないので今は買うのはやめます」

一生懸命に集めた見込む客
やっとのことで来店や成約寸前までこぎつけたのに突然キャンセルされると凹みますよね。
こんな時にも
露骨にムッとした表情を顔に出したり
声色を変えたり
態度が急変したり
横柄な言葉遣いになったり
してはいけません。

「こっちも困るんですよねぇ~」
と嫌味を言ったり
思わず「チッ!」と舌打ちをしたり
このあたりのまわりのスタッフにきちんとしておかなければなりません。

そんな手のひらを返した容易な態度をとられお客様はもう二度とあなたのお店や商品を利用しないですし、アンチファンとなってあなたの商品やお店の悪口をまわりに吹聴して回るからです。

少なくとも成約や来店寸前にまでいったお客様はあなたのお店や商品に強い興味があったことは紛れもない事実なんです。

ですから、たとえキャンセルしてきたお客さまでも理解を示して笑顔で対応しましょう。

「承知いたしました。
 ご心配はいりません。
 次回のご利用を心からお待ちしていおります。」
こんな対応をすれば、再びお店や商品購入につながる可能異性がグッと高くなりあmす。

じつは
キャンセルした後に大きな商談には転する
ことは珍しくないのです。
ですから
「買ってくれてもお客様」
「買ってくれなくてもお客様」
このことを重々頭の中に入れていおいてください。
断りう方ひとつで次の商談のチャンスが生まれるかどうか?
大きな岐路でもあるのです。

特に大きな金額の買い物
例えば車や不動産
なかなか結論が出せずに迷うのも当たり前です。
最終的にキャンセルということは日常茶飯事です。
でも、結局 多くの方は
車を買います
家を買います

人間欲しいと思ったらそれが頭から離れないのです。
ですから、再びお客様が戻ってくることも珍しくないのです。
キャンセルしてきたショックはグッと心の中に秘めて次の来店や成約を期待するほうが賢明なのです。
キャンセルしたお客にいくら文句を言っても仕方のないことですからね。
ピンキッシュボーテ 販売店