高齢者の生きてきた歴史に思いをはせよう

人生とは一冊のアルバムみたいなもの
よくそんな風にも例えられます。
それは「一瞬一瞬の時間の切り取り」がそのアルバムに詰まっているからかもしれません。
そこにはその人だけの生きざまあり、それが誇りや自信となって凝縮されています。
その人だけが経験してきたことが、お年寄りのなによりの心の支えとなっているのです。

当然ながらお年寄りの現在の背活習慣や態度や価値観や考え方
すべて自らが体験し、潜り抜けてきた時代背景が投影されています。
おじいちゃんおばあちゃんがどんな春時代を過ごし、どういう顔z区間・老人増を持っているのか?
それはその人自身が今まで生きてきた経緯で大きくくぁります。

ですからその高齢者をより理解するにはその人の歴史に思いをはせてみることは大切なのです。

どうしてそんな考え方をするのか?
どうしてそんな態度をとるのか?
それはその人の歴史がそうさせているからかもしれません。

そのおじいちゃんおばあちゃんの今までの人生の歴史を尊重しつつ、ごく普通にせしていただきたいものです。
ただの頑固ジジイ、意地悪ばあさんだと単純に片づけないで欲しいのです。

そしてたとえおじいちゃんやおばあちゃんなどの高齢者に介護が必要になってもその尊厳を尊重してあげるべきです。
決して介護が必要になった高齢者をじゃぇっも扱わないでください。
例えば介護が必要になった高齢者にタメ口や赤ちゃん言葉で接してはいけません。
今まで尊敬されてきた子供や孫にそんな言葉遣いをされては自分にはもはや生きる価値がないと思うものなのです。
人間はブレ社会で生きる動物です。
そこにはれっきとした順位付けがされていますし、それが社会の秩序でもあります。
長年、親として、お祖父母としてやってきたのに、タメ口や赤ちゃん言葉で接しられると自分の順位が一番下だと感じてしまうのです。
それではおじいちゃんおばあちゃんに生きる元気を奪ってしまうのと同じです。

おじいちゃんやおばあちゃんの今までの人生の歴史や時代背景に思いをはせて、その家で高齢のおじいちゃんおばあちゃんと接してみるようにsでぃてみてください。
また違う一面が見えてきますから。
親 退院祝い プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です