一度テントにカビが生えたら2度と元には戻らない

表面加工した化学繊維のテントに一度カビが生えてしまうともうなかなか取れません。
格好悪いから買い替えるか?
我慢して使うか?
難しいところです。

一般的なテントは主に化学繊維で作られています。
この化学繊維のテントは表見に特殊な加工がされていて、このおかげで雨が降っても快適な空間が確保されます。
しかし、この表面加工のせいでいったん発生したカビはとれません。
コーティング剤で覆われた生地の表面には水をはじく撥水加工されていあmす、
この表面加工の部分は肉眼で見るとsづ木間はありません。
しかし顕微鏡なので拡大して見るとミクロ単位の小さな穴が無数に空いています。
水は弾くのにカビの最近は簡単いこのミクロの穴に入り込んで発生するのです。

ではなぜテントの表面にカビが発生るsのでしょうか?
本来、カビが発生するために住文・湿気のほかに餌となる栄養分が必要です。
一見テントの表面には損あ栄養分なんて考えられないものですが
・料s理をしている時に飛んできた煙に含まれる栄養分
・人間の手あか
・大気中の窒素化合物
などなどいろいろな物が株の栄養分となるのです。

さらに致命的なのがテントの表面加工に使われているポリウレタンです。
ポリウレタンは窒素化合物なのでの一種でもあるのです。

各テントメーカーも防カビ加工尾には力を入れてはいるのですが、もともtテントにはカビが発生しやすいものと考えておくべきでしょう。

ですから
濡れたテントを乾かさないで収納などすると、適度な湿り気が残りカビがまた買う間に繁殖してしまうのです。
繁殖したカビは内側の繊維の中にまで入り込んでくるので、薬品を使ってもとれません。
表面処理剤を取り除いて薬品を使えばカビは獲れますが、今度はそのテントが使い物にならなくなります。

ですからテントにはカビが生えないようにいつも完全い乾燥させて保管しなければならないのです。
楽しいアウトドアから帰ってきて疲れていることはわかりますが、面倒くさがらずにすぐにテントを完全に乾燥させることを怠ってはいけないのです。
カースルテント 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です