正しい糖質制限ダイエットを理解しましょう

糖質制限ダイエットを行ったことがありますでしょうか?糖質制限ダイエットは有用とよく聞きますが、間違ったやり方を行っていてはよりよい効果が見込めません。

糖質制限ではなく、そもそものダイエットの定義とは何かについてですが、食べ物や飲み物から摂るカロリーを摂取カロリーと言います。1日の生活で使用するカロリーをは消費カロリーと言います。ダイエットで大事なのは、摂取カロリー < 消費カロリーの状態にすることで、体脂肪燃焼されて体脂肪が減らすことです。

その上で、三大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)のバランスを考えて食事管理をすると、筋肉を維持したまま体脂肪でのみを減少させる正しいダイエットができます。

糖質は栄養素の中でも手軽に摂れてしまうものなので、過剰に摂取してしまいがち肥満の原因にもなりやすい栄養素です。そのため、糖質制限ダイエットはバランスを考えることで、ダイエットにつながるというメカニズムです。

筋肉や骨などをつくるタンパク質は最も重要な栄養素といえます。カロリーも比較的低いのでタンパク質は太りにくい栄養素でもあります。脂質は体脂肪燃焼を促す成長ホルモンやテストステロンの材用となるので、脂質極端に制限はせずバランス良い摂取を意識しましょう。理想としてはタンパク質:脂質:糖質=3:6:1が良いでしょう。タンパク質の割合は少し増やして摂取しても問題はないでしょう。

糖質を抜いて肝グリコーゲン(肝臓に蓄えられた糖質)が少なくなると、エネルギーを生成するために常に体脂肪が燃焼されやすい状態になります。そのため運動時だけでなく日常生活での活動でも常に体脂肪が燃焼されるので、糖質制限が有効的なのです。

糖質制限ダイエットは主食を制限するだけなので、手軽に実施できるメリットがある一方で、長期的に行う糖質制限は筋肉量の低下、代謝の低下などがあり、糖質摂取を行った場合にリバウンドしてしまうリスクが上がります。

雲のやすらぎの販売店はどこ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です