救急車で運ばれるほどのひどい生理痛の正体は?

酷い生理痛を持っている人のなかには
生理開始初日には包丁でおなかを刺されているみたい
と訴える方もいます。
そんなひどい生理痛の女性は、鎮痛剤を普通の量の倍近くも飲んで頭がフラフラ出目の商店も会わなくなったことがあるそうです。
特にひどい生理痛の時にはまともに立ってもいられず、会社の蚊帳が驚いて救急車で読んで病院に運ばれるたこともあるそうです。

特に女性の身体はとてもデリケートです。
今は男性並みに超ハードな激務をこなす女性も少なくないのですが、そんな女子絵を悩ませている尾がひどい生理痛なのです。
無理がたたると女性の身体は悲鳴を上げて生理痛という形で危険シグナルを送ってくるのです。

生理通とホルモンバランス

生理の前に、イライラして情緒不安定になったり、頭痛やむくみが出たり、腰痛や吐き気がする女性も少なくありません。
こういった月経トラブルで若い女性の場合には、ホルモンバランスの崩れや精神的ストレスで悪化数rことが多いようです。
このホルモンバランスの崩れと冷えはお互いに大きく影響し合っているといわれています。

体温調整もホルモン調節も脳の視床下部の働き

身体にホルモンの分泌をするのは様々な機能がつかさどっています。

これをコントロールするのは脳の視床下部と呼ばれるところです。
この視床下部は自律神経の総司令塔的役割をしています。
自律神経はまた体温を調整する働きもしているのです。

子宮内膜症と女性ホルモンの関係
多くの女性を悩ませる子宮内膜症とは、子宮の内膜と似た組織が、子宮の周辺や卵巣など本来あるべき場所以外のところにできる病気です。
内膜と同じようにじょせいほるおんのえいきょうによりdきてしまい月経と同じような出血を起こします。
まだ詳しくは解明されてはいませんが、
子宮の内膜が直接、筋肉に入り込む説
お腹の膜が子宮内膜に変化してしまう説
などがあります。
女性ホルモンの作用を受けて増殖し、病状が進行してしまうので、子宮内膜症の人は特に「冷え」には注意しなければなりません。
よもぎ蒸し 自宅 デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です