キャッシングやカードローンの在籍確認の電話はどの様にかかってくるのか

okane

はじめに

キャッシングやカードローンを申し込む際には、在籍確認の電話が職場にかかってくるのが不安のタネです。うっかり会社の人が電話を受けて、借金がバレたら職場に居づらくなります。しかし現在では借入をする際にはまずどこの金融業者でも在籍確認が行われていると言って良いでしょう。避けられない在籍確認で会社にバレてしまう心配はないのか、どの様に対処すれば良いのでしょうか。

在籍確認の際に社名を名乗るのか

在籍確認の際には、金融会社としても慎重に対応してくれます。但し直接借入をしていることが分かる様なことはありません。金融会社の場合、名乗れば明らかに分かってしまうので社名を名乗ることはなく、担当者の個人名でかかってきます。一方銀行の場合は申し込んだ際に希望しない限り、銀行名を名乗ってきます。但し銀行は一般向けの様々なサービスを行っているので、電話がかかってきても周囲はほぼ気にしません。
中には全く架空の人物を名乗って欲しいと言う要望がありますが、虚偽の社名や人物名を使用すると法律違反になってしまう為にできません。(参考:【キャッシング大学】即日・審査・カードローンについて解説!

単なる「在籍」の確認でOK

在籍確認というと、本人が電話の前で待ち構えていなければならないと思うのですが、実際には「在籍」の確認が取れればOKです。例えば電話を受けた人が「席を外しています」と言えば、間違いなくその会社に勤務しているのが分かるのでその時点で確認は済み、掛け直すこともありません。「休んでいます」と言われた場合、有給か休職しているかが分からない場合には「次に出社されるのはいつですか?」と言い、「明日は来ます」と言われればそれでOKなのです。

用件は原則として言わないのが一般的

在籍確認の電話で困る点として、お節介な人が電話に出た場合、しつこく用件を訊いてくると言う点です。しかし貸金業法により、「第三者に契約したことを知らせてはならない」とされているので、まず本当のことを話すことはありません。「個人的な用事ですので」と言って早々と切る様に務めてくれます。どうしても何かカムフラージュする用件を作りたい場合には、個人名でかけてもらって用件を訊かれた時にのみ違う理由を言って貰うこともできます。また、男性の場合は職場に個人名で女性から電話があると不倫を疑われることもあります。その様な場合には男性を指名することができます。アコムなどではそういったリクエストを受け付けているみたいなので、申し込み時に一度相談してみるのもいいかもしれません。(参考:自宅や勤務先に申し込みの確認連絡がきますか?│FAQ│【公式サイト】キャッシングなら消費者金融のアコム

雰囲気でバレそうな場合には予め相談を

在籍確認では、まず金融会社が直接バレる様な電話をかけてくることはありません。但し会社の中に同じく借金をしている人がいると、個人名で電話がかかってきても何となく雰囲気で「在籍確認じゃないの?」と気づかれてしまうこともあります。その様な時には予め金融会社に相談しておき、「お久しぶりです」などと言う様にすると良いでしょう。(参考:在籍確認 入門!元キャッシング会社の担当者が明かす在確の対処法